高尾山山頂で出会った小さな女の子
よく頑張りました
皆さんに愛されている高尾山です

高尾山(2019/8/10)


 先週に続いて今週も高尾山だ。早起きをして下丸子を6時26分の電車に乗ったので高尾山口駅に7時43分に着いた。格別の身支度もないので早々に歩き出した。

 今日も6号路を歩いた。こういう猛暑でも意外と風が冷たくて歩きやすい。この6号路は沢沿いの緩やかな登り道で最後は沢を詰めて、左岸に取り付き、直登するという、日本の山道の典型的な原形を保っている。今回は1時間30分で山頂に出た。

 今回も山頂から一段下にある茶屋でかき氷を食べてク−ルダウンした。10時15分に歩き出したが、すぐ左手に父親と到着したばかりの小さな女の子に気が付いた。すぐ戻って写真を撮らせてもらった。こういう小さな子供も登れるのが高尾山なのだ。それにしてもよく頑張りましたね。息子も41歳になりますが、中学生の時、雲取山、八が岳に連れて行ったのがきっかけでしょうか、今ではキリマンジャロだ、富士山だと登っています。

 帰りも6号路だ。少し寄り道をして琵琶滝を遠くから見たが、何やら念ずる声を聞いた。ここは修行の場所のようだ。昔、蛇滝道から登った折、滝に打たれて修行している様子を眺めていて注意を受けたことを思い出してすぐ引き返した。11時30分帰りついた。高尾山温泉で一浴びして帰宅した。

 こういう登っておりて3時間前後の歩きも山行となるのかと気が引けてHPの表題を単に「高尾山」としました。今回携帯したデジカメはメモ代わりのCANON G9Xです。すべてAUTOで撮っていますが、どうも映りが今一歩です
 戻 る