千鳥ヶ淵の桜と菜の花 ’17/4/7
  四月になった。この四月は桜だ。野球だ。三日の春季大会では1回戦で敗退だ。なんだか物足りなさが残る。応援に来ていた同窓生たちもそうだろう。

 桜だがネットの天気予報では週末は芳しくない。7日3時に弟の丸の内の事務所に行く用事ができたので早めに渋谷の事務所を出て寄り道をして千鳥ヶ淵の桜を撮ろうと考えた。

半蔵門から竹橋まで歩き千鳥ヶ淵で写真を撮った。カメラは、最近、買い替えたPowerShotG9XMarkUだ。常時カバンの中に入れて持ち歩いている。

 生憎、お天気はうす曇りだ。メデアで千鳥ヶ淵の桜が報じられているので、平日だが人出は多い。半蔵門から竹橋まで行ったり来たりしながら写真を撮りました。この種のデジカメはフアインダーがないので背面のデスプレイを見ながらシャッターを押すのだが、外ではデスプレイが見難いことはなはだしい。見難いうより見えない。明日、EOSと交換レンズ2本を持って来ようと考えていた。

 言い訳になりますが、ここに載せた写真はPowerShotG9XMarkUの試し撮りです。お堀の水面を背景にすると明るく撮れますのでたくさん撮りました。斜面一面に菜の花が咲いている箇所があり、これを前景に桜をと思いましたが、位置が悪くて思うに任せませんでした。一寸残念だったのはお堀の向こう側、皇居側に桜が少ないことでした。

 土曜日にEOSで写真を撮ろうと予定していましたが、朝起きると雨が降っていて取りやめました。そんなことで7日に撮った写真を例によって例のごとく、「決断と選択」のないまますべて載せることにしました。まだ千鳥ヶ淵にお出かけになったことのない方は明年ぜひお出かけください。
 戻る