番外編スカイツリーと桜(’12/4/7)


開業間近のスカイツリーと桜(墨田川堤から)(’12/4/7)


 山友の皆さん ご無沙汰をしていますが、お元気ですか
 私は1年以上山歩きを休んでいます。というのは2009年から高校同窓会に関係しHPを担当していますので、この仕事にすくなからずの時間を取られるからです。HPのことと言うより、同窓会のことが多いのです。歳も歳なのでなるべく早く後輩に交代をお願いしなければと考えてはいます。
 4月は春季東京都高校野球大会があり多摩ニュータウンにある一本杉球場だ、昭島市民球場だ、江戸川球場だ、神宮第二球場だと写真を撮りに出掛けました。
 野球にはさっぱり縁がなかったのですが、こうして球場に出掛けるとにわかに愛校心がわき上がりシャッターを押す指にも力が入ります。1回戦2回戦3回戦まではルンルンで出掛けたのですが、第4回戦は見ていて、いても立ってもいられない気分でした。どうも点が入らないのです。5回の裏に2点を入れて、3−2となったときは流れは変わった等と興奮しましたが、その後9回表に1点を追加され、結局、4−2で敗れました。
 外苑前のドトールで同窓会のK会長やIさんと一時話しましたが、どうも相手チームのピッチャーは大会屈指の好投手とかで負けてもやむなしとのことでした。二人と別れて直ぐ新橋に向かいました。新橋駅前に6期の先輩が経営するお店があって、試合が終わるとかなりの同窓生が集まるのです。案の定、7期8期の先輩達や30期31期の後輩達が先着していました。総勢20名前後だ。勝っていれば超満員で大いに盛り上がるのだがやむを得ない。こうして先輩達と楽しい一時を過ごした。監督の慰労会だ、夏の大会だと暇つぶしには事欠きません。
 クラスメートだったK君に同窓会のHPを引き受けることを話した時、彼から「同窓会は大変だぞ」と言われた。今になって正直なところ成る程と思うこともある。ただHPを引き受けたことで、こうして大勢の先輩や後輩達と知り合いとても楽しい一時が持てるのだ。旧制最後の卒業の女性のKさんが「私達年寄りでも校歌を聴くと熱くなります」とおっしゃったが、かくいう私も球場では歳がいもなく、にわかに愛校心に燃えて、打て、打てと連呼していた。HPを引き受けたことで様々な縁にも恵まれた。HPを引き受けたことを感謝しなければなるまい。


戻る