280.’02/1/12〜13塔の岳

大倉を9時55分歩き出す。今日はザックの中に日本酒の1升瓶が入っている。今夜、木の又小屋に泊まる皆さんに振舞おうというわけだ。大倉尾根は連休の初日とはいても人影は少ない。この時間となると一人から二人上に後姿が見えるだけだ。山道に取り付くとすぐにイヤ−ホンでラジオを聞き出す。最近、大倉尾根を歩くときはポケットラジオを持て来ていて歩きながらずっと聞いている。聞くのはNHK第1だ。これが結構聞き応えのある話が多いのだ。普段あまり家ではラジオは聞いたことがないが、こうして山道を歩きながら1時間も2時間も聞いている。思わず声をあげて笑ってしまい、あわてて辺りを見回すことがある。やがてあっけないくらいに花立山荘に着いた。歩き始めのころはここで息も絶え絶えでひっくり返ったのだが、最近では余裕で到着できる。小屋に入って食事だ。壁の時計を見ると12時55分、ぴったし3時間だ。20分間休憩して出発だ。1時55分塔の岳山頂に着いた。もやって富士山は見えない。尊仏山荘に入ってコ−ヒ−を飲む。こうして行くところがなくなると大倉尾根を登って木の又小屋に一泊するというのが最近の山行だ。そんなことで今年の初山歩きもこの変わり映えのないいつもの周遊コ−スで幕開けだ。

戻る